その他

キラキラ画像

キラキラ画像

2019年8月20日

プレイ時間10分未満!ライトなボドゲ5選 -part1-

ニャッカ船長のイラスト

メインビジュアル

10分程度で手軽に遊べるボドゲが知りたい!

でも数が多すぎてどれがいいのかわからない・・・。

そんな人に向けて10分前後で楽しめるオススメのボドゲを紹介します。

全2弾で行いますが、今回はその第1弾です!

 

新感覚パーティーゲームの「ベストアクト」

「王様のブランチ」でも紹介された人気ゲームです!

お題が与えられたカードを引き、声と表情のみで演じきります。

1つのお題に対し、8つのシチュエーションがあるというもの。

 

プレイヤーはゲーム開始前に投票チップと投票カードを受け取ります。

さらに各プレイヤーにアクトカードが配られ、その中にはお題があり、

そのお題の中で自分が何を演じるのか決めます。

順番に演技をし、他のプレイヤーは答えだと思うチップを置きます。

最後に正解発表し、正解すると1点、演技した人は正解した人の数だけ点がもらえます。

 

簡単に短時間でできる「ウボンゴ」

参加者にパズルボードを配り、スタート。テーブルにあるパズルタイルを

素早くパズルボードにいれていき、完成した参加者は「ウボンゴ!」と叫びます。

一番早く完成させた順に宝石が配られます。

 

簡単なボードから難しいボードまであるため小さい子ども楽しめるでしょう。

また、脳トレにもなるので高齢者にも最適です。

 

自分のペンギンを動かして相手よりも多くの魚を得るゲーム「それはオレの魚だ!」

自分のペンギンを動かして、並べてある魚を相手よりも多く採ったら勝ちというシンプルなルールのゲームです。

 

進め方は、魚が描かれているタイルを8枚7枚8枚7枚と交互に並べ、正方形になるようにします。

並べ終えたら、ペンギンを好きな場所に配置し、ゲームスタート。

自分の番になったらペンギンを移動させます。タイルは6角形になっているので、

6方向から選んで進めれます。直線上であればどこまでも進むことができます。

元々いたタイルはそのペンギンを操っている人のものになります。

タイルには魚が1匹から3匹まで描かれているため、その魚の数がそのままポイントになります。

主な注意点としては、他のペンギンがいる場合には飛び越えることはできないこと、

穴が開いているタイルは飛び越えることができないというもの。

動かせるペンギンがなくなった場合、パスになり、

全員が動かせるペンギンがなくなった時点でゲーム終了です。

最後に獲得した魚が一番多い人が勝ちです。

 

論理パズルを対戦形式にしたゲーム「タギロン」

まず参加者は色のついた数字のカードを5枚ひき、対戦相手に見えないように並べます。

そして先攻プレイヤーは、場に並べてある質問カードを引き、そのカードに書かれてる

質問を対戦相手に投げかけます。

その質問を交互にして、相手の5枚のカードを完璧に当てることができたら勝ちです。

わかった時点で宣言をし、合っていたら「正解」、間違っていたら「違います」と伝えます。

一部だけあっていても伝える必要はなく、完全一致した場合のみ勝敗が決します。

質問カードを駆使して先に相手のタイルを当てることを競うゲームです。

 

2016年発売の人気ゲーム「インサイダーゲーム」

庶民とマスターとインサイダーの役割に分かれて行うゲーム。

マスターは、山札をめくり答えを確認する役割があります。

その際参加者は全員目を閉じます。

その後、インサイダーも山札を確認し、答えをみます。

 

進め方は、庶民かインサイダーがマスターに対し、イエスかノーで応えられる質問をします。

それを繰り返し、正解に辿り着いた人に1点が入ります。

 

制限時間があり、これだけでは正解に辿り着けないため、

インサイダーが答えに導いていきます。

ただし、インサイダーは庶民に紛れているため、悟られてはいけません。

最終的にインサイダーは悟られずに逃げ切ること、庶民とマスターは

インサイダーを当てることが目的です。

インサイダーが勝てば2点入り、庶民とマスターが当てれば1点入ります。

 

もっと深く楽しみたいなら「ジョリーロジャー ~大会の覇権~」

ラゼストが企画・運営するwebゲーム「ジョリーロジャー ~謎の文明と海賊島~」に登場する

キャラクターを35体以上使って行うボードゲームがでました。

「ジョリーロジャー ~大会の覇権~」です。

前述したライトなボドゲとは違い、より本格的で深く楽しめるボドゲとなってます。

ニャッカ船長のおすすめ