その他

キラキラ画像

キラキラ画像

2020年3月10日

ボドゲを買いたい人必見!選び方やポイントとは?

ニャッカ船長のイラスト

メインビジュアル

 

ボードゲームを購入しようと思っても、意外とお値段が高いものもあって迷いますよね。気軽にダウンロードできるスマホゲームとは違って、ボドゲは数千円するのが一般的です。せっかくお金を出すなら後悔はしたくないもの。そこで今回は、失敗しないボードゲームの選び方をご紹介します。それぞれのポイントごとに解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

難易度で選ぶ

ボードゲームはそれぞれのゲームごとに難易度があります。簡単なルールのものであればすぐに覚えることができるのですが、中には難解なルールが設定されているものもあります。
ボドゲ初心者ということならまずは簡単なものから初めてみるのがおすすめです。何度もボードゲームをプレイして、慣れてきたら難易度を上げていくのが理想でしょう。
ただ、ボードゲームの楽しさは難易度と比例するわけではありません。簡単でも面白いものはたくさんあるし、難しいからこそ面白いものもたくさんあります。まずは自分で理解できそうな難易度のものから初めてみてください。

 

プレイ人数で選ぶ

ボードゲームは作品によってプレイできる人数もさまざま。中には1人で楽しめるものもありますし、2人で対戦しながら遊べるものもあります。3人以上でプレイできるものや、8人~10人など大人数で盛り上がれるボードゲームなんかもあります。
パーティーなどでボードゲームをやるなら大人数で楽しめるものを選んで、ファミリーやカップルなど少人数で遊ぶなら少人数でプレイできるものを選びましょう。

 

プレイ時間で選ぶ

ボードゲームは短いものだと10分程度で1ゲームが終わるものもあるのですが、長いものだと1ゲームで60分~、それ以上の時間を費やすものもあります。あまりにも長いものだと疲れてしまうので、ボドゲ初心者への方なら15分~30分で1ゲームが終わるボードゲームがおすすめです。
逆にじっくりと腰を据えてやりたいということなら、もっと長い時間楽しめるものを選んでも良いかもしれません。ただ、プレイ時間が長いものほどルールなどが多くなる傾向にあるため、初めてボードゲームで遊ぶならサクサク進める10分以内のものを選ぶのが安心かもしれません。

 

ジャンルで選ぶ

ボードゲームはそれぞれジャンルが分かれています。代表的なものだと人狼のような正体隠匿系、その他にも協力系や脱出系など様々。近年はさらにリズム系やワード系など、シンプルなルールでありながら面白いボドゲが多く登場しています。
ボードゲームにはかなり多くのジャンルがあり、近年は非常に細分化されています。大別すると人生ゲームのように大きなボードを使うものや、カードを使うものもあります。どのようなジャンルのボードゲームがお好み化は人によって違うため、興味が湧いたものをどんどんプレイしてみましょう!

 

メーカーで選ぶ

ボードゲームを選ぶときは日本のメーカーはもちろん、海外のメーカーに目を向けてみるのもいいかもしれません。特にボードゲーム文化が根強いドイツは世界的に人気を誇る作品を多数輩出していて、ゲーム大賞などを受賞している作品が多数あります。
人気のメーカーを知っておけば、まず大きく外れることはありません。日本でいえば大手おもちゃメーカーが開発したおもちゃは外れもあまりありませんよね。テレビゲームなどで大手メーカーがあるように、ボードゲームにも「このメーカーの商品なら安心だ」というブランドがあるので、それらの人気メーカーから選ぶと安心です。

 

まとめ

ボードゲームは基本的に誰でも楽しめるようなものが多いので、直感を信じて選ぶのもありです。ただ、長く楽しみたいということなら自分の好みに合わせたものをじっくり選んでみましょう。海賊をテーマにした作品が遊びたいなら「ジョリーロジャー~大会の覇権~」がおすすめです。ほかにもホラー系やギャグ系など、あらかじめテーマを決めておくと探しやすいですよ。ぜひ、自分にぴったりのボードゲームを見つけて楽しい時間をお過ごしください。

ニャッカ船長のおすすめ