その他

キラキラ画像

キラキラ画像

2020年3月6日

【ガキ使】テレビで話題となったボドゲ集めてみた!

ニャッカ船長のイラスト

メインビジュアル

 

ボードゲームは世界各地で作られており、日々面白いものが登場しています。中にはテレビで取り上げられるようなボドゲもあり、ボドゲの人気は日に日に大きくなってきているんです。今回は年末の人気番組「ガキの使いやあらへんで」で紹介されたものを中心に、メディア露出したことのある人気ボドゲを紹介します!

 

ザ・マインド

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:15分

1から100までの数字が書いてあるカードを数字の低い順番に出していくボードゲーム。
プレイヤーは会話禁止というルールの中で、いかに数字を順番に出せるかが問われます。無言で意思疎通しなくてはならないので難しいのですが、意外と順番に出せることもあったりしてかなり盛り上がります。ゲームのタイトルにもなっているように相手の思考を予測してカードを出していくことが必要となるため、常に相手のことを考えている必要があります。
静寂の中で黙々とプレイすることができるので、集中して遊びたい人におすすめ。テレビでも紹介されるほど、無言なのになぜか盛りあがってしまうゲームです!

 

スピードカップス

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:15分

カードに記載された絵の色の順番通りにカップを並べたり積んだりするボードゲーム。
プレイヤーは絵の色を確認して即座にカップを合わせていくのですが、これがなかなか難しいです。実際に「ガキ使」でメンバーでやっていたのですが、なかなかうまくいかずに盛りあがっていました。絵の色をしっかりと確認しているつもりでも、その通りにカップを並べていくのは意外と難しいのです!
いかに早く完成させるかが肝となるため、焦ってしまうこと間違いなし。ただ、その慌てている様子を見るのも面白いので、ファミリーやカップルで楽しむことができでしょう。大人から子供まで童心に帰って遊ぶことができますよ!

 

ナンジャモンジャ

プレイ人数:2人~6人  プレイ時間:15分

謎の生き物であるナンジャモンジャに名前をつけていくボードゲーム。
プレイヤーはカードをめくり、ナンジャモンジャに名前をつけます。プレイしていくほどに名前がつけられたナンジャモンジャが増えていくため、すべて覚えなくてはなりません。すでに名前がつけられたナンジャモンジャを引いたら、その名前を叫びます。逆に新しいナンジャモンジャを引いたら、自分で考えた名前を付けていきます。
絶妙に覚えにくい名前にしたり、芸能人や有名人の名前をつけたり、遊び方は様々。それぞれのナンジャモンジャに合っている名前を付けてあげるのもいいですし、まったく関係ない名前を付けてあげるのもまた楽しいでしょう。暗記力や記憶力も試されるゲームで、楽しみながら仲間とワイワイ楽しみましょう!

 

ブロックス

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:20分

辺が重なり合わないように角を合わせてブロックを置いていくボードゲーム。
プレイヤーはテトリスの要領でブロックを置いていき、より多くのエリアを自分の色で埋め尽くすことができれば勝ちです。一見すると簡単なように思えますが、他のプレイヤーもどんどんブロックを置いてくるので、負けないように効率よくブロックを置いていくのは案外難しかったりします。頭の中で戦略を練らなくてはならないので、意外と頭を使うボードゲームです。相手を出し抜いてより多くのブロックを置けた時は、かなりの快感を味わうことができるでしょう!

 

ベストアクト

プレイ人数:3人~8人  プレイ時間:15分

あるシチュエーションに対して「はぁ」という言葉だけで演技をするボードゲーム。
プレイヤーは喜怒哀楽などの感情に合わせた「はぁ」を使いこなして演じなくてはなりません。様々なシチュエーションが用意されているので、対応力が必要となります。もちろん、使って良い言葉は「はぁ」だけなので、これがまた奥が深い!
怒りの「はぁ?」や落ち込みの「はぁ…」など、色々な「はぁ」を使いこなして相手に感情を当ててもらう必要があります。ちなみにゲームタイトルの「ベストアクト」は、最高の俳優という意味を持っています。その名の通り参加しているプレイヤーの演技力が問われるゲームです!

 

まとめ

テレビで紹介されているボードゲームは、どれも簡単に盛りあがれるものばかりなのでおすすめです。ぜひ、芸能人や有名人が楽しんだゲームをプレイしてみましょう。なお、テレビでは紹介されていないものの「ジョリーロジャー~大会の覇権~」も大人数で楽しめるおすすめのゲームです。ぜひ自分のお気に入りのゲームを見つけて、心行くまで楽しんでみてくださいね!

ニャッカ船長のおすすめ