その他

キラキラ画像

キラキラ画像

2020年2月4日

とにかく無心でやりたい。作業系ボドゲ5選

ニャッカ船長のイラスト

メインビジュアル

ボードゲームは頭や身体を使ってやるものが多いですが、中には何も考えず無心でやりたいと思っている人もいるのではないでしょうか。何も考えずにただただぼーっとできるボードゲームもまた楽しいものです。そこで、ここでは無心で楽しめる作業系ボドゲを厳選して紹介します!

 

スティックスタック

プレイ人数:2人~8人  プレイ時間:30分


グラグラと揺れる塔の上にスティックをただただ無心で乗せていくボードゲーム。
プレイヤーは毎ターン袋の中に入っている棒を引き出し、その棒を塔の上に置いていきます。ただし、棒の色と一致する色の場所にのみ置かなくてはなりません。そのため、プレイヤーは慎重に場所を見極めて積んでいくことが必要となるのです。
すべての棒が置かれた時、もしくは塔が倒れた時、ゲームは終了となります。塔が倒れないよう神経を使うので、ついついプレイ中は無言になることも……。
シンプルがゆえにクセになるこのゲーム。ぜひとも無我夢中になって棒を重ねていきましょう!

 

タッソサファリ

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:30分


盤上に動物のスティックを無心で配置していくボードゲーム。
プレイヤーは手持ちのスティックをどんどん配置して、全部使い切ることを目指します。スティックは盤上だけではなく、すでに配置されたスティックの上に配置することができます。ただし、1本のスティックの上には1本しか配置できないため、位置取りが命取りとなるかもしれません。
気づけば無我夢中でやっていること間違いなしのバランスゲームです。プレイ自体はとても簡単、単純明快です。そのため、難しいことは考えずに直感でプレイできますよ!

 

トゥキ

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:30分~60分


石や雪のブロックを使って無心でトゥキリクを造っていくボードゲーム。
プレイヤーはできるだけ早く正確に造り上げていくのが目的となります。トゥキリクカードを1枚引いたあとダイスを振って、石と雪を積み上げる形と方向を決めます。
好きに積み上げていくタイプではなくカードで指定された通りに積み上げなくてはならないため、意外にも黙々とプレイしてしまうかもしれません。全員が完成できたら答え合わせをして、勝敗を競います。よりトゥキリクのカードに近いプレイヤーが勝つので、集中力が必要です!

 

リベリウム

プレイ人数:1人~10人  プレイ時間:30分


三脚を使った新感覚のバランスボードゲーム。
プレイヤーは上下左右端に隙間が空いたカードを、他のカードの隙間に挟んでいきます。写真がないとわかりにくいかもしれませんが、カードの四方向に隙間があるだけなので、難しいことは何もありません。
隙間ごとにカードを挟んでいき、バランスを見極めていくだけなので、無心でプレイできること間違いなしです。カードを崩したり落としたりしてしまったら直前のプレイヤーが勝ちとなるので、集中して楽しみましょう!

 

ドロップイット

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:30分


立体の透明なボードに色々な形のコマを無心で落としていくボードゲーム。
プレイヤーは順番にコマを1つ選び、ボードの上から落として入れていきます。コマが止まった位置で得点が決まり、より高い得点を獲得した人の勝ちです。難しいことは考えずにただただ落としていくだけで良いのがうれしい!
特に難しいことはないですが、ボードの中に入るコマがどのような動きをするのか考えてやるとより楽しいかもしれません。
無心でできるのに、なぜかハマってしまう中毒性抜群のゲームなので、ぜひぜひプレイしてみてください!

 

まとめ

無心でできるボードゲームもたくさんあるので、ぜひ毎日の疲れやストレスを忘れて夢中になりましょう。
より深くまでボードゲームの世界を楽しみたいということなら、何度もプレイして楽しめる「ジョリーロジャー~大会の覇権~」などもおすすめです。頭や身体を使うものも含め、自分が無心でできるゲームを見つけて楽しんでみてくださいね。

ニャッカ船長のおすすめ