その他

キラキラ画像

キラキラ画像

2020年1月6日

協力プレイで大人気!力を合わせてプレイするボドゲ5選

ニャッカ船長のイラスト

メインビジュアル

皆さん、こんにちは!
ボードゲームは対戦するのも楽しいですが、協力するのも楽しいですよね。協力プレイできるボードゲームがあれば、みんなで力を合わせてワイワイ満喫できちゃいます。そこで、ここでは協力プレイ向けのボードゲームを紹介します。

特に簡単に始められて面白いものを厳選したので、ぜひともテレビゲームばかりではなくボードゲームもやってみてください。パーティーとかなら大盛り上がり必至!

キャトルミューティレーション

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:30分

牛をUFOで連れ去ろうとする宇宙人から牛を守るボードゲーム。プレイヤーは裏向きになったタイルを2枚めくり、タイルが同じ数字なら対応するアブダクションタイルをそのままひっくり返します。しかし、もし違う数字のタイルだったら2枚のタイルの位置を入れ替えて、それぞれ縦向きと横向きに。それと同時に牛チップを1枚置き、この牛チップが4枚乗ってしまったら宇宙人に連れていかれてしまうというルールです。

初めはちょっと難しいしれませんが、一度やってみると実は簡単です。手持ちの牛チップがなくなる、もしくは1つのアブダクションタイルに牛チップが4枚乗ってしまったら負け。逆にすべてのタイルを表向きにできたら勝ち。ルール自体はシンプルなので、まずはやってみましょう!

②クールプログラミング

プレイ人数:1人~4人  プレイ時間:30分

ペンギンのコマを動かしながらプログラミングが学べるボードゲーム。ボード上のペンギンを最短ルートで目的地に到着させることが目的となります。道中には宝箱があったり魚がいたり、新鮮な発見がたくさん。まるでみんなで一緒に冒険しているような感覚に!

全員で協力して、ペンギンを早くゴールまで導いてあげましょう。ただ、簡単ではあるものの簡単ではありません。矛盾しているようですが、この最短ルートを選びながら進めていくというのが意外と難しいです。何度やっても飽きない作りなので、ペンギン世界を満喫しちゃいましょう。

③チーム3

プレイ人数:3人~6人  プレイ時間:30分~60分

3人チームで制限時間内に建築物を完成させるボードゲーム。プレイヤーは3人で1つのチームとなり、制限時間内に協力して建築物を完成させるのが目的です。ただし、建築物には設計図があり、その通りに作らなくてはなりません。

しかも、プレイヤーそれぞれが特別な役割を持っており、情報伝達手段が限られています。「見ざる聞かざる言わざる」の通りに役割が設定されているため、自分の役割を確認しましょう。当然、決められた役割の中で伝えなくてはならないので、これが意外と難しいのです!

別バージョンの拡張ルールが楽しめるピンクとグリーンがあるので、好きな方を選んで初めてみましょう。情報伝達がうまく伝わらないもどかしさ……それこそがこのボードゲームの醍醐味です。

④イト

プレイ人数:2人~10人  プレイ時間:30分

数字をイメージで表現して意思疎通するボードゲーム。プレイヤーは1~100まである数字カードが配られるので、そのテーマカードの指示に従いながら自分の数字の大きさを表現し、小さい順番に出すことを目指します。順番が違うとライフが減り、ライフがなくなると失敗となります。

逆にライフが残っている状態で全員のカードを出せれば成功となるので、協力しながら進めていくことが必要となるゲームです。それぞれの数字に対するイメージが違ってくるので「それは違うだろー!」「えー!その発想はなかったよ」と盛り上がれると思います!

⑤ジョリーロジャー~大海の覇権~

プレイ人数:3人~4人  プレイ時間:45分~60分

協力型でもあり対戦型でもある海賊冒険ボードゲーム。プレイヤーは9つの海を舞台に冒険する海賊となり、海賊王を目指します。ライバルたちよりも先に仲間や財宝を見つけ、より強大な海賊団を作り上げていくことができれば勝ちです。

海は弱肉強食、弱い者は負けてしまいます。ただ、競りやデッキ構築の要素もあるため、自分の戦略次第では逆転もできます。協力するよりも対戦がメインとなるのですが、好敵手と呼べる相手と競い合いながら海の挑戦を目指しましょう!

ニャッカ船長のおすすめ