その他

キラキラ画像

キラキラ画像

2019年12月10日

説明書は不要!?すぐにプレイできるおすすめボドゲ5選

ニャッカ船長のイラスト

メインビジュアル

皆さん、こんにちは!

ボードゲームってやってみたいことはやってみたいけれど、それぞれのボドゲごとに独自ルールがあって入り込めない人もいますよね。
ただ、そんな人でも簡単にできるゲームもたくさんあるので、気軽に楽しんでみてください。

ここではルールが単純明快なものだけを5つピックアップしてみたので、ルールを覚えるのが大変だという人は、ぜひともここで紹介するものから楽しんでみてくださいね!

①ブロックス

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:15分~20分

ブロックを置いていくだけの超シンプルで簡単なボドゲ。
こちらのボードゲームは文字通りブロックを配置して、自分の陣地を広げていくルールです。
基本は自由にブロックを置けるのですが、プレイが進むごとに置ける場所が限られてくるため、意外と駆け引きも必要となります。

自分のブロックでエリアを広げ、1つでも多く配置した人が勝者となるので、シンプルながらもかなり奥が深いです!
ブロックの形も数種類あるので、いかに効率よく置いていくかによって戦況も変わってきます。

②ガイスター

プレイ人数:2人  プレイ時間:10分

出口に向かってコマを動かしていくだけの王道ボドゲ。
プレイヤーは相手の陣地にある出口に向かって、自分のコマを動かしていき、最終的にゴールを目指します。

そのゴールに到達するまでには、コマがあるため、それを取りながらゴールに向かうわけです。
ただ、コマが取れるというルールですが、その中には取ってはいけないコマも混ざっているので要注意!

取ってはいけないコマをすべて取ってしまったら相手の勝ちとなってしまうので、そこは駆け引きも必要となってきます。
やってみればとても簡単なルールなのですが、一度ハマるとなかなか抜け出せない中毒性があって気づけば深夜になっていることも!

③チャオチャオ

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:25分~30分

谷底に落とされないようにゴールを目指すブラフボドゲ。
プレイヤーは他のプレイヤーに見られないようサイコロを振り、数字を宣言して数字の分だけ進むというルールです。

ただし、数字の宣言は必ずしも出た目をそのまま宣言しなくてはならないわけではありません。
そのため、ブラフを張りながら攻めても良いわけです。
もちろん、相手にブラフを見破られてしまうと落とされるので、そこは注意が必要です。

サイコロの目は1~3までで、その中でうまくブラフを張りながら進むのがコツ。
このやり取りだけでも十分に楽しいので、ハマる人はかなりハマるはずです!

④インジーニアス

プレイ人数:2人~4人  プレイ時間:30分~45分

メンサも認めた知育玩具としても評価されている単純明快ボドゲ。
IQテストで上位2%の成績を残した人のみが所属できるメンサ公認というだけあって、頭を使うゲームです。
ただ、難しいことはありませんので、そこは安心して楽しんでください。

プレイヤーは同じマークのタイルをボードの上で繋げていくだけというルールです。
マークは数種類あり、それぞれのマークをどう配置していくかがゲームの命運を分けます。
すぐに入り込めるルールなので、みんなでやりながら覚えていくと良いかもしれません!

⑤ボドゲに慣れたら「ジョリーロジャー」をやってみよう!

「ジョリーロジャー~大海の覇権~」は、荒れ狂う海の冒険者となって海賊の頂点を目指すボドゲ。
名だたる海賊を仲間にしたり、未知の財宝を集めたり、冒険で戦ったりすることで悪名ポイントを稼いでいくというルール。

プレイヤーは競りやデッキ構築などの要素を活かしつつ、各キャラクターに用意されたスキルやアイテムやカード使って海賊王を目指します。

奥が深くルールを熟知する必要があるので、簡単なボドゲに慣れて、本格的にボドゲをプレイしたいという方におすすめ!
スキルやアイテムなどは使うタイミングで戦況も変わっていくので、ハマればハマるほど抜け出せなくなること間違いなしです。

特に相手を出し抜いて悪名ポイントを稼いだ時の喜びはなかなかのもの。
ぜひプレイしてみてくださいね!

ニャッカ船長のおすすめ