その他

キラキラ画像

キラキラ画像

2019年10月24日

2人でも白熱!?少人数でできるボドゲ厳選8種!

ニャッカ船長のイラスト

メインビジュアル

昔ながらのボードゲームには、テレビゲームやスマホゲームとは違った楽しさがありますよね。ボードゲームは“ボドゲ”と呼ばれ、今でも一部のゲームファンから支持を集めています。
「でも、ボドゲって大人数でやるイメージだし、2人しかいないから無理」と諦めている人必見! 実は、2人で遊べるボドゲも多いんです。
今回は、少人数で楽しめるボドゲを難易度順に紹介します!

難易度★「パリ―光の都―」

舞台は、美しい街灯に照らされる光の都・パリ。ゲームは前半・後半に分かれます。
前半は主にベース作り。“敷石”の配置や“建物”の獲得を競います。後半は、建物を敷石に置いていきます。“街灯”の横に置かれた建物が得点になり、建物を置ける敷石の色も決まっているので、前半で何をどう獲得するかが重要です。
ルールはシンプルですが程良く頭を使い、30分以内でプレイできるお手軽なゲームです。

難易度★「スーパーカロム」

人気のボドゲ“カロム”を遊びやすくしたスーパーカロム。単純明快なゲームで、“キャロム”という12世紀にエジプトで生まれたゲームが基になっています。
ビリヤードに似たボードの上で“アタッカー”を指で弾き、“ディフェンダー”を落とします。中央には“ソウル”と呼ばれる駒があり、ディフェンダーを全て落とした後にソウルを落とした人が勝ち。おはじきにも似ています。
「カロムしようぜ!」といつでも気軽に誘えて、あっという間に白熱すること間違いなし。

難易度★「ゴブレット・ゴブラーズ」

ビンゴゲームのように格子状になったマスの中で、“ゴブラーズ”と呼ばれる可愛いキャラクターを縦・横・斜めに揃えた方が勝ち、というフランス生まれのシンプルなゲーム。
ただし、ゴブラーズにはサイズがあり、大きい子は小さい子を“食べられる”=被せて隠せるのです。被せられたゴブラーズを見ることはルールで禁止されており、そこにどんな子がいたのかを覚えておく必要があります。記憶力が必要なので、子供の知能アップをサポートしてくれるでしょう。

難易度★★「謙信VS信玄~川中島の戦い~」

名前の通り“上杉謙信”と“武田信玄”が陣地を取り合う戦闘シミュレーションゲーム。
チェスとカードゲームをミックスさせたようなゲームで、歴史好きなら誰もが興奮するのではないでしょうか。運というよりは、相手をよく観察し、先を見通す洞察力が必要です。


難易度★★「新幕 桜降る代に決闘を」

美しいキャラデザで大人気のカードゲーム“桜降る代に決闘を”シリーズ第3作目。
“メガミ”と呼ばれるキャラクター達はそれぞれ11枚のカードを持っており、プレイヤー1人につき2人のメガミを選んでカードデッキを構成・戦闘を行います。相手の選んだメガミを見てからデッキを構成するので、それぞれのメガミの特徴を記憶し、攻守を楽しむゲームです。

難易度★★「ラプトル」

恐竜好きにおすすめのゲームがラプトルです。
プレイヤーは研究者とラプトル(小型肉食恐竜)に分かれます。研究者は10人、ラプトルは母ラプトル1体と子ラプトル5体が持ち駒です。
研究者は麻酔銃などを使ってラプトルを眠らせる、ラプトルは研究者を追い払うことがゴールです。
子ども向けかと思いきや案外頭を使うので、難易度が少し高くなっています。

難易度★★★「数エーカーの雪」

イングランド軍とフランス軍がアメリカ大陸を取り合っていた時代が舞台です。
プレイヤーはイングランド軍とフランス軍に分かれ、持っているカードを使いお金を稼いだり戦争を起こしたりして、優位に立つことが勝利の決め手です。
運は関係なく、構成と戦略が全てです。こういった戦略ゲームの中では“重量級”に分類され、かなり難易度が高いゲームです。

難易度★★★「アーカムホラー ザ・ホラー」

こちらは対戦ではなく、協力してゴールを目指すゲームです。
プレイヤーは違った能力を持った探求者となり、3つあるシナリオの内どれか1つを歩みます。
運要素の強いカードゲームなので、思い通りに行くと嬉しくてハマってしまうし、思い通りにならなくても悔しさの余り「もう1回! もう1回!」とハマってしまいます。
シナリオもお飾りではなく、凝った構成とボリュームで見応えがあります。

ボドゲの楽しさに目覚めたら、やり込めるゲームにトライしよう

少人数でも楽しめるボドゲ、思ったより種類も沢山ありましたよね! 周りにボドゲに興味のある人がいないという場合、難易度低めのゲームで友だちや家族を誘い、ボドゲ仲間を増やしていくと良いでしょう。仲間が集まったら、ぜひやり込めるゲームにチャレンジしてください。例えば“ジョリーロジャー ~大海の覇権~”はストーリーやゲーム内容が濃く、世界観や絵も美しいのでハマること間違いなし。3人からプレイできるので、友だちや家族と遊ぶにはぴったりです。

ニャッカ船長のおすすめ