• トップ

  • その他

  • ボドゲカフェに行きたい!初めて訪れる方へボドゲカフェのルール集

その他

キラキラ画像

キラキラ画像

2019年11月4日

ボドゲカフェに行きたい!初めて訪れる方へボドゲカフェのルール集

ニャッカ船長のイラスト

メインビジュアル

皆さん、こんにちは!

初心者向けのものから上級者向けのボドゲが集まるボドゲカフェ。
世界中の様々なボドゲが取り揃えられているので、誰でも簡単に、楽しくわいわいと過ごせる空間です。

たくさんのイベントも開催していて、初心者の一人参加ももちろんOK!
今回はボドゲカフェに行きたいけど、初めてなのでルールがわからないという方へボドゲカフェのルールをまとめました。
これで初回も怖くない!是非参考にして下さい!

最初はみんな不安だった…!

「ボドゲカフェに興味はあるけど、一人で行くにはハードルが高い。」
「ボドゲの知識がないので、行って大丈夫かな。」
「店内にいるのは常連のみ?」

以上のような不安が挙げられるかと思います。
その他、ボドゲカフェって看板が出ていなかったり、狭い通路にあったりと怪しいイメージがあるのかなと思います。

けれど実際はそんなことはなく、場所が明確で店内は明るく、開放的な空間となっているカフェもたくさんあります。
今回はボドゲ初心者歓迎!「JELLY JELLY CAFE(ジェリージェリーカフェ)」のルールについてご紹介!

入店してからの流れは?

入店したらまず受付で料金を支払い、ワンドリンクをオーダーします。

料金は基本的に、最大5時間遊べる1ドリンク付きのパック料金。デイタイム1,500円から利用できます。
最大10時間遊べるパック料金や平日学生割引など、料金システムは多様!
料金はホームページや店舗受付のポップに記載してあるので、料金選択は入店してからでもOK!

ワンドリンクは店員さんが席まで運んでくれるので、席についてボドゲを選びながら待ちましょう。
ちなみにドリンクの外部持ち込みはできませんが、食べ物ならOK!
途中外出もできるので、お菓子の買い出しに行くのもアリです。

ボドゲを選ぶときは?

店内の棚にはボドゲがたくさん並べられています。
これらのボドゲは自由に取って好きに遊んでいいので、気になるものがあれば手に取ってみてください。

ボドゲの選び方のコツは、まずプレイ人数や所要時間を見て決めること。
次に、遊びたい系統を決めておくこと。具体的には、パズル系や推理系、心理戦などがあります。

棚のボドゲは自由に取ってOKですが、大量にキープしておくのはNG。
他にそのボドゲをプレイしたい方もいるので、譲り合いながらプレイしましょうね。

ルールが理解できない時は、店員さんが丁寧に教えてくれます。
まずはすごく簡単なルールのものからやってみてはいかがでしょうか?
対戦相手がいなくても、店員さんが説明をしながら相手をしてくれる場合もありますよ!

相席で知らない人と遊べる?

JELLY JELLY CAFEではお客さん同士の相席をOKとしています。
受付の際、「相席はOKかどうか」ということを聞かれるので、相席で知らない人とボドゲを楽しみたい方はOKにしてみましょう。
内々だけでボドゲを楽しみたい方は、相席なしでももちろん大丈夫。

「相席OK」の札を掲げた机に座っている方は、知らない人とも相席で楽しみたいという方なので、勇気を出して輪に入れてもらうのもボドゲカフェの楽しみ方!

毎週イベント開催!

JELLY JELLY CAFEでは、毎週イベントを開催!店舗によっても様々なイベントがありますが、「相席ナイト」や「おひとりさまゲームナイト」などの一人参加でも大丈夫なイベントが目白押しです。予約一切不要、途中入退場自由。

一人で行くにはハードルが高いと思っている方は、こういったイベントを活用し、ボドゲの世界へ参加してみてはいかがでしょうか。
もちろんグループでの参加も可能です!

「相席ナイト」

ボドゲ経験がない初心者や一人での参加でも大丈夫!そういった方が大半です。
初めましての状態から相席をして、一緒にボドゲで遊ぶことができるオープンなイベントです。

「おひとりさまゲームナイト」

ボドゲで遊ぶには人数が必要。しかし人数が集まらない。
そういった時には「おひとりさまゲームナイト」!
一人での来店には特典が付いているおひとりさま推奨のイベントです。

初心者でも楽しいボドゲカフェ

ボドゲカフェのルールはこれだけ…ゲームのルールは守りましょう!
堅苦しいカフェルールはJELLY JELLY CAFEには存在しません。
最初は負けてばっかりかもしれませんが、周りの方が親切にコツを教えてくれますよ。

最初は簡単なルールのものからスタートし、「ジョリーロジャー ~大海の覇権~」などの深く楽しめるボドゲへもチャレンジして下さい。
ライトなボドゲとは違い、ボドゲの世界にどっぷりハマってしまうかもしれません。

ニャッカ船長のおすすめ